So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ubuntu studio19.10 + mpd + cantata [ubuntu,debian系]

ubuntu studio +  mpd + cantata
お仕事の方はごくろうさまです。
あいもかわらずlinuxであそんでいます。

今回のわたしのパソコン環境は   os  ubuntu studio  xfce4デスクトップ
CPU: Intel i7 860 (8) @ 2.801GHz
GPU: NVIDIA GeForce GT 240


ubuntustudio-19.10-dvd-amd64.iso.torrent



ubuntu studio よく知られているos でしょう。
grubで、nomodeset 記入でインストーラーをきどうしています。
ssdにインストール終わってみれば、5.3.0-29-lowlatency のカーネルで起動していました。

とりあえずこのパソコンの場合、nvidia-340 ドライバーをいれた。
sudo passwd
sudo apt update
sudo apt upgrade
sudo apt install nvidia-340 mesa-common-dev freeglut3-dev
sudo nano /etc/default/grub 編集
nomodeset を削除
sudo grub-update
sudo reboot

今回は、mpd cantata をインストールしてみました。
Music Player Daemon - ArchWiki

上記の参考サイトさまのとおりにやってみた。

sudo apt install cantata mpd

もうおわかりでしょう。このパソコンのuser name は satou となっています。


sudo gpasswd -a mpd satou
sudo gpasswd -a mpd audio
chmod 710 /home/satou

mkdir /home/satou/.mpd   新規作成
mkdir /home/satou/.mpd/playlists   新規作成(空白)
nano /home/satou/.mpd/pid   新規作成(空白) 


nano /etc/xdg/autostart/mpd.desktop      編集 
Exec=[ ! -s /home/satou/.mpd ] && mpd


mkdir /home/satou/music     新規作成
/etc/mpd.conf 編集
         このファイルの項目はいっぱいある。
         現在有効になっているのはこれだけ。
         注 hostnameのところはこのパソコンのipアドレスを記入しています。
           ifconfig と端末に記入すればしることができます。
           私の場合は bind_to_address "192.168.2.111" と記入しています。
           alsaでうごくように記入しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
music_directory    "/home/satou/music"

playlist_directory    "/home/satou/.mpd/playlists"
db_file        "/home/satou/.mpd/tag_cache"
log_file        "/home/satou/.mpd/mpd.log"
pid_file        "/home/satou/.mpd/pid"
state_file        "/home/satou/.mpd/state"

group                "audio"

port                "6600"
bind_to_address "192.168.2.111"

input {
        plugin "curl"
#       proxy "proxy.isp.com:8080"
#       proxy_user "user"
#       proxy_password "password"
}

audio_output {
    type        "alsa"
    name        "My ALSA Device"
    device        "hw:0,0"    # optional
    mixer_type      "hardware"    # optional
    mixer_device    "default"    # optional
    mixer_control    "PCM"        # optional
    mixer_index    "0"        # optional
}

filesystem_charset        "UTF-8"
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ubuntu studio はよく整備されていると感じるos でしょう。
fcitx-mozcはすでに入っていた。
mpdはいろんな使い方があるようです。
今回はスタート地点にたったということでおわりにします。

以下参考画像
2020-02-10-17:19:52_1360x768_scrot.jpg
neofetchの画像

2020-02-10-18:53:07_1360x768_scrot.jpg
cantataの画像
2020-02-10-17:20:39_1360x768_scrot.jpg
mkdir /home/satou/.mpdフォルダの画像
2020-02-10-18:50:27_1360x768_scrot.jpg
cantataの設定
2020-02-10-19:01:09_1360x768_scrot.jpg
ubuntu studio のメニュー
2020-02-10-19:04:30_1360x768_scrot.jpg
音楽ファイル
2020-02-10-19:04:19_1360x768_scrot.jpg
kid3-qt の画像
2020-02-10-19:11:25_1360x768_scrot.jpg
firefoxの画像

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

openMandriva Lx.4.1 2020 [その他linux,パソコン・物欲]

あいもかわらずlinuxであそんでいます。
 
 
こんかいのわたしのパソコン環境は    os   openmadriva lx4.1     openboxウインドーマネージャー
CPU: Intel i7-4790K (8) 
GPU: NVIDIA GeForce GT 7
 
 
 
openMandrivaLx.4.1-beta-plasma.x86_64.iso

 
 
 
openmadriva 4.1は、mandrake系、フランス製。
インストールは超簡単、ssdにインストールした。
 
 
openmadriva 4.1は、HDMI接続のモニターでしか起動できなかった。
メニュー→kde設定アイコン→ディスプレイとモニター→resolution 1360x768 (私の場合)

リポジトリ有効化そしてupdate
sudo om-repo-picker
左はしのチェックボックスに全部チェックをいれた。
sudo dnf update
 
 
日本語化 fcitx-anthy
openmadriva 4.1のfcitx-anthy は動きませんでした。
以下の参考サイト様のとおりにした。

 
fcitx-configtool       
fcitx-gtk       
fcitx-gtk2       
fcitx-gtk3       
fcitx-qt5       
fcitx-ui       
kcm-fcitx       


sudo dnf install  fcitx-configtool fcitx-gtk fcitx-gtk2 fcitx-gtk3 fcitx-qt5 fcitx-ui kcm-fcitx


anthy-9100h fcitx-anthy はweb上から、mandriva 3.0 のファイル
sudo dnf install http://abf-downloads.openmandriva.org/3.0/repository/x86_64/main/release//anthy-9100h-25.20110409.3-omv2015.0.x86_64.rpm
sudo dnf install http://abf-downloads.openmandriva.org/3.0/repository/x86_64/main/release//fcitx-anthy-0.1.1-9-omv2015.0.x86_64.rpm




sudo nano /etc/environment
GTK_IM_MODULE=fcitx
XMODIFIERS=@im=fcitx
QT_IM_MODULE=fcitx


fcitxアイコンクリック→configure→global config→trigger input method→zengakuhzngaku

メニュー→system settingアイコンクリック→regional setting→日本語、フォーマット 日本語

dnfdragora(ソフトウエアマネージャー)からnvidiaを検索してドライバーをインストールできるが起動がおそくなった dkms-nvidia-440。
nvidia340の場合は、以下が有効でした。
sudo dnf install http://rpmfind.net/linux/openmandriva/openmandriva2014.0/repository/x86_64/non-free/updates/dkms-nvidia340-340.101-0.1-omv2014.0.x86_64.rpm

以上設定おわり。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


マイブームopenbox
openbox + obmenu-generator + oblogout

sudo dnf install openbox obconf feh firefox

openmadriva 4.1のtint2は、まともに動きませんでした。
mageia linuxのものを使用した。
sudo dnf install http://distrib-coffee.ipsl.jussieu.fr/pub/linux/Mageia/distrib/7/x86_64/media/core/release//tint2-16.6.1-2.mga7.x86_64.rpm


さらに必要なアプリをインストール。
sudo dnf install locales-ja fonts-ttf-japanese fonts-ttf-japanese-extra fonts-ttf-japanese-ipamona fonts-ttf-japanese-mplus_ipagothic perl-CPAN perl-Gtk2 git-core python2-imaging python2-dbus git-core perl-Data-Dump intltool python2-dbus  python-distutils-extra pygtk2 python2-distutils-extra git-core cpan adwaita-icon-theme-devel adwaita-gtk2-theme adwaita-gtk3-theme

sudo dnf install http://ftp.us2.freshrpms.net/linux/mageia/distrib/7/x86_64/media/core/release/perl-Linux-DesktopFiles-0.250.0-2.mga7.noarch.rpm



obmenu-generatorのインストール。
git clone git://github.com/trizen/obmenu-generator
sudo cp obmenu-generator/obmenu-generator /usr/bin
mkdir ~/.config/obmenu-generator
cp -r obmenu-generator/schema.pl ~/.config/obmenu-generator/


sudo cpan CPAN::Meta::Requirements
sudo cpan ExtUtils::Depends
sudo cpan ExtUtils::PkgConfig
sudo cpan Linux::DesktopFiles
sudo cpan Data::Dump
sudo chmod +x /usr/bin/obmenu-generator
obmenu-generator -s -i



oblogoutのインストール
git clone https://github.com/Cloudef/oblogout-fork
cd /home/satou/oblogout-fork
sudo python2 /home/satou/oblogout-fork/setup.py install


oblogoutのサイト アイコンの準備
上記のサイトからarchlinux用ファイルをダウンロードしてアイコンを取り出す。
/home/satou/oblogout-0.2-1-x86_64.pkg/usr/share/themes
上記のフォルダを以下のように名前変更
/home/satou/.themes

oblogoutアイコン変更する場合。
nano /etc/oblogout.conf
24行目
buttontheme = foom
または
buttontheme = oxygen

oblogoutの使用
/home/satou/.config/obmenu-generator/schema.pl の編集
105行目
##{exit => ['Exit', 'application-exit']},
108行目
{item => ['oblogout', 'Exit', 'application-exit']},



openmadriva 4.1は、HDMI接続のモニターで、openboxウインドーマネージャーを起動させると
最初にkdeの設定したディスプレイとモニターの設定がなくなっている。これを解決した方がいた。
kdeのディスプレイとモニターの設定は、kscreen2といわれるアプリが働いて行われる。
openboxウインドーマネージャーのautostartで起動とさせるというものです。
/home/satou/.config/openbox/autostart 私の場合以下のようになっています。
qdbus org.kde.kded5 /kded  loadModule kscreen &
sleep5
konsole -e "feh --bg-fill /home/satou/Pictures/wallpaper/Kinkaku_Ji_by_Elizabeth_K_Joseph.jpg"
tint2 &



openmadriva 4.1は、SimpleScreenRecorderというソフトが最初からはいっています。
設定は超面倒くさいですが、快適に動きます。HDMI接続のモニターで。


以下参考画像
Screenshot_20200201_120358.jpg
kde plasmaの画像

Screenshot_20200201_110244.jpg
openboxウインドーマネージャーの画像

Screenshot_20200201_080659.jpg
sudo om-repo-pickerの画像

Screenshot_20200201_114716.jpg
逆転人生「スター・ウォーズのCGを手がけた脱サラ証券マン」
web



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

rosa linux R11 2020 [その他linux,パソコン・物欲]

rosa linux R11
お仕事のかたはごくろうさまです。
あいもかわらずlinuxであそんでいます。
今回の私のパソコン環境   os   rosa linux    xfce4デスクトップ
CPU: Intel i7-4790K (8) @ 4.400GHz 
GPU: NVIDIA GeForce GT 710 
rosa linux R11は、mandrake系 ロシア製。
rosa linux R11に、更新されてからまもなく1年たとうとしています。
nvidiaドライバーを使っているパソコンは、
インストーラーを起動させるだけでも困難をきわめるでしょう。
わたしは、パソコンをHDMIケーブルでモニターに
接続してなんとか起動させることができました。
インストールが終了したら電源off モニターケーブルをD-Sub15ピンにもどして起動。
ctrl+alt+F3 
login:
passwd:
以下nvidiaドライバーと日本語化の記録 前回の記事
urpmi --auto-update 
urpmi x11-driver-video-nvidia430
nano /etc/default/grub
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT='splash=silent logo.nologo quiet nomodeset'
grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg
reboot
urpmi kde-l10n-ja
urpmi anjuta fonts-ttf-japanese fonts-ttf-japanese-extra fonts-ttf-japanese-ipamona fonts-ttf-japanese-mplus_ipagothic ibus ibus-anthy ibus-table
urpmi ibus-qt -a
nano /etc/environment
GTK_IM_MODULE=ibus
XMODIFIERS=@im=ibus
QT_IM_MODULE=ibus
メニュー→設定→interface language
日本語
メニュー→設定→セッションと起動→自動開始アプリケーション→追加→ibus
/home/satou/ibus.sh
$ nano /home/satou/ibus.sh  新規作成
#!/bin/sh
ibus-daemon --config=/usr/lib64/ibus-dconf -r -d -x
reboot
ibus-setup
以上設定おわり。
今回のこのパソコンはあたらしめパソコンでふつうのosのインストールならあっという間におわる。
rosa linux R11は、ちょっとてこずりました。しかし快適に動くos でしょう。
入っているアプリも過不足なくはいっている。
以下参考画像
スクリーンショット_2020-01-24_11-43-29.jpg
xfce4デスクトップ
スクリーンショット_2020-01-24_11-41-31.jpg
neofetchの画像
スクリーンショット_2020-01-24_10-34-35.jpg
chromiumが最初から入っている。
전유진さん14歳 
https://www.youtube.com/watch?v=IKfkSHpkBpw&list=RDLrpRccn4yqU&index=2
スクリーンショット_2020-01-24_10-56-50.jpg
ソン・ガイン(송가인)さん 韓国演歌歌手
https://www.youtube.com/watch?v=BdcrW27GnVk&list=RDLrpRccn4yqU&index=5
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

voyager linux 2020 [ubuntu,debian系]

voyager linux  2020
お仕事の方はごくろうさまです。
あいもかわらずlinuxであそんでいます。


今回のわたしのパソコン環境    os  voyager linux   openboxウインドーマネージャー
CPU: Intel i7-4790K (8) @ 4.400GHz
GPU: NVIDIA GeForce GT 710


voyager linuxは、ubuntu系、フランス製。
インストールは、ubuntu系なので容易でしょう。
usbメモリーに iso を gnome-disks で書き込み、ssd にインストールした。
grubメニューで、F6キー そして nomodeset  を選択した。


Voyager-GE-19.10-amd64.iso



インストール終了後
sudo passwd
apt update
apt upgrade
apt install mesa-common-dev freeglut3-dev nvidia-driver-435

日本語入力は ibus-mozcがすでに入っていた。
apt install mozc-utils-gui
nano /etc/profile
export GTK_IM_MODULE=ibus
export XMODIFIERS=@im=ibus
export QT_IM_MODULE=ibus
ibus-daemon -drx
ibus-setup

メニュー→gnomeの設定→デバイス→キーボード→次の入力ソースへ切り替える zengakuhangaku キー
zengakuhangaku キーを押したのに日本語入力できないときは、さらにカタカナひらがなキーを押すと入力できるでしょう。

再起動。
注 最初に、自動ログインでインストールしたのだけれどログインに失敗した。
仕方なくリカパリモード再起動してから、普通のログインにした。
nano /etc/gdm3/custom.conf 編集
#AutomaticLoginEnable=true

nautilusの設定を普通にする。$ で・・・
gsettings set org.gnome.nautilus.preferences always-use-location-entry true
gsettings set org.gnome.nautilus.preferences default-sort-order "type"
gsettings set org.gnome.nautilus.list-view default-visible-columns "['name', 'type', 'size', 'date_modified', 'starred']"
gsettings set org.gnome.desktop.interface clock-show-date true

アイコンがおおきすぎるときは、nautilus の横線三本のアイコンクリック 100% となっているところを変える。


conkyの設定
nano /home/satou/.conky/conky/conky14/TimeFull 編集。
killall conky
conky
voyagerのConky文字化け対策参考サイト様


設定終了。




これより改悪、マイブームのopenboxウインドーマネージャー。
obmenu-generatorのインストールと、oblogoutのインストール

必要なアプリをインストールする。
apt install openbox tint2 feh adwaita-icon-theme-full pcmanfm lxterminal mousepad
apt install cpanminus git libgtk2-perl
apt install unar python-imaging-tk python-pip python-gtk2 python-distutils-extra


前回の記事を参照されたし。
https://yume-sendai.blog.ss-blog.jp/2019-12-31




apt install audacity
素の設定でも、audacityの音質いいような感じがする。

voyager linuxは、外観があまりかわっていないようです。
中身のアプリは、きちんと upgrade されているでしょう。


以下参考画像
2020-01-16-20:41:54_1024x768_scrot.jpg
openboxウインドーマネージャーの画像


Screenshot from 2020-01-16 20-54-48.jpg
voyader-ubuntuの画像。
2020-01-16-172209_1024x768_scrot.jpg
openboxウインドーマネージャーメニューの画像
2020-01-16-19:38:47_1024x768_scrot.jpg
audacityの画像
2020-01-16-19:36:56_1024x768_scrot.jpg
ローカル路線バス乗り継ぎの旅 大阪城〜金沢・兼六園 web

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

centos8 + openbox [fedora系]

centos8 + openbox
お仕事の方はごくろうさまです。
あいもかわらずlinuxであそんでいます。

今回のわたしのパソコンは   os    centos8    openboxウインドーマネージャー
CPU: Intel i7 860 (8) @ 2.801GHz
GPU: NVIDIA GeForce GT 240





CentOS-Stream-8-x86_64-20191219-dvd1.iso





centos8は普通の方は手を出さないでしょう。
パソコンサーバーとして、隠れファンは日本にも多数おられるとおもわれる。

centos8 のインストールは、このパソコンの場合ふるい nvidiaドライバーを使用しているため grubメニューで tab キー
そして nomodeset と記入する必要があった。
centos8 のインストールで注意することは、ネット接続を on にする。時刻、日付を東京にする。kdumpも・・・。


インストール終了後 なにもしないでそのまま再起動させる。
しかしこのパソコンの場合 ctrl+alt+F3 でやっとログイン画面をだすことができた。
$ と  # の記号は省略した。


login:root
passwd:

不安定なのでパソコンを、リマウントさせる。/dev/sda3は centos8をインストールしたパーティションです。
# mount -o remount,rw /dev/sda3
# dnf update



reboot

login:satou
passwd:

startx
firefoxがふつうに動くので、リポジトリをコペパでインストールした。

dnf install epel-release
dnf install https://www.elrepo.org/elrepo-release-8.0-2.el8.elrepo.noarch.rpm

dnf install https://download1.rpmfusion.org/free/el/rpmfusion-free-release-8.noarch.rpm
dnf install https://download1.rpmfusion.org/nonfree/el/rpmfusion-nonfree-release-8.noarch.rpm
dnf config-manager --set-enabled PowerTools
rpm -ivh https://sauronlenoir.be/repo/rpm/sauronlenoir-release-1-0.el8.noarch.rpm
sudo dnf install http://rpmfind.net/linux/epel/7/x86_64/Packages/s/SDL2-2.0.10-1.el7.x86_64.rpm
sudo dnf install ffmpeg
sudo dnf install gstreamer1-libav

rpmfusionをインストールしたら、nvidia-driversをインストールできる。
最新のnvidia-440 が入ったようだ。古いパソコンドライバーでもいけるかもしれない・・・そのままにしておく。

dnf install nvidia-drivers
dnf install gnome-tweak-tool dconf-editor langpacks-ja pavucontrol ibus-kkc vlc gimp


localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8
source /etc/locale.conf
echo $LANG

ibus-setup
nano /etc/profile
export GTK_IM_MODULE=ibus
export XMODIFIERS=@im=ibus
export QT_IM_MODULE=ibus
ibus-daemon -drx

メニュー→gnomeの設定→デバイス→キーボード→次の入力ソースへ切り替える zengakuhangaku キー


reboot

nautilusの設定を普通にする。$ で・・・
 gsettings set org.gnome.nautilus.preferences always-use-location-entry true
gsettings set org.gnome.nautilus.preferences default-sort-order "type"
gsettings set org.gnome.nautilus.list-view default-visible-columns "['name', 'type', 'size', 'date_modified', 'starred']"
gsettings set org.gnome.desktop.interface clock-show-date true

アイコンがおおきすぎるときは、nautilus の横線三本のアイコンクリック 100% となっているところを変える。

selinuxを無効に設定
nano /etc/selinux/config
SELINUX=disabled

systemctl disable kdump
systemctl disable auditd.service
systemctl disable smartd.service
systemctl disable mdmonitor.service

このパソコンの場合、nvidiaドライバー、上記のサービスを停止してやっと gdm が起動するようになりました。
usermod -aG wheel satou

これでふつうのgnomeのデスクトップができあがり、終了



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



これから、素人のわたしの改悪がはじまります。
マイブーム openboxウインドウーマネージャー
centos7では容易に出来た。
centos8では、どうでしょうか。

centos8で、openboxウインドウーマネージャーに必要なアプリの一部は、fedora 30 のアプリを使用した。
openbox tint2 obconf feh scrot neofetch   ちまちま入れていった。

dnf install openbox
dnf install http://download-ib01.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/Packages/t/tint2-16.2-3.el7.x86_64.rpm
dnf install http://download-ib01.fedoraproject.org/pub/fedora/linux/releases/30/Everything/x86_64/os/Packages/o/obconf-2.0.4-14.20150213git63ec47.fc30.x86_64.rpm
dnf install http://download-ib01.fedoraproject.org/pub/fedora/linux/releases/30/Everything/x86_64/os/Packages/f/feh-3.1.3-1.fc30.x86_64.rpm
dnf install http://download-ib01.fedoraproject.org/pub/fedora/linux/releases/30/Everything/x86_64/os/Packages/g/giblib-1.2.4-28.fc28.x86_64.rpm
dnf install http://download-ib01.fedoraproject.org/pub/fedora/linux/releases/30/Everything/x86_64/os/Packages/s/scrot-0.8-20.fc30.x86_64.rpm
dnf install http://download-ib01.fedoraproject.org/pub/fedora/linux/releases/30/Everything/x86_64/os/Packages/j/jp2a-1.0.7-4.fc30.x86_64.rpm
dnf install http://download-ib01.fedoraproject.org/pub/fedora/linux/releases/30/Everything/x86_64/os/Packages/n/neofetch-6.0.0-2.fc30.noarch.rpm



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

oblogoutのインストール
python27 intltool python2-distutils-extra Pillow pygtk2 git

dnf install python27 intltool git
dnf install http://download-ib01.fedoraproject.org/pub/fedora/linux/releases/30/Everything/x86_64/os/Packages/p/python2-distutils-extra-2.39-10.fc30.noarch.rpm
alternatives --config python
python2 選択した。
python -m pip install Pillow
dnf install http://download-ib01.fedoraproject.org/pub/fedora/linux/releases/30/Everything/x86_64/os/Packages/p/python2-dbus-1.2.8-5.fc30.x86_64.rpm
dnf install http://download-ib01.fedoraproject.org/pub/fedora/linux/releases/30/Everything/x86_64/os/Packages/p/python2-cairo-1.18.0-2.fc30.x86_64.rpm
dnf install http://download-ib01.fedoraproject.org/pub/fedora/linux/releases/30/Everything/x86_64/os/Packages/p/pygtk2-2.24.0-25.fc30.x86_64.rpm

oblogoutのインストール $ で・・・
git clone https://github.com/Cloudef/oblogout-fork
cd /home/satou/oblogout-fork
sudo python2 /home/satou/oblogout-fork/setup.py install

テスト
oblogout


oblogoutのサイト アイコンの準備


上記のサイトからarchlinux用ファイルをダウンロードしてアイコンを取り出す。
https://launchpad.net/oblogout/0.2/0.2.0/+download/oblogout-0.2-1-x86_64.pkg.tar.gz

/home/satou/ダウンロード/oblogout-0.2-1-x86_64.pkg.tar.gz 解凍。
/home/satou/oblogout-0.2-1-x86_64.pkg/usr/share/themes
上記のフォルダを以下のように名前変更
/home/satou/.themes


アイコン変更
nano /etc/oblogout.conf
24行目
buttontheme = foom
または
buttontheme = oxygen

obmenu-generatorインストール
必要なアプリのインストール
dnf install gtk2-devel cpanminus

obmenu-generatorインストール参考サイト様。


git clone git://github.com/trizen/obmenu-generator
sudo cp obmenu-generator/obmenu-generator /usr/bin
mkdir ~/.config/obmenu-generator
cp -r obmenu-generator/schema.pl ~/.config/obmenu-generator/
sudo cpanm Gtk2
sudo cpanm Linux::DesktopFiles
sudo cpanm Data::Dump
sudo chmod +x /usr/bin/obmenu-generator

obmenu-generator -s -i



oblogoutの使用
nano /home/satou/.config/obmenu-generator/schema.pl の編集
105行目
##{exit => ['Exit', 'application-exit']},
108行目
{item => ['oblogout', 'Exit', 'application-exit']},

こんかいのパソコンは、Intel i7 860 11年前のパソコンですがまだまだ現役でしょう。
centos8のサーバーとしてもおそらく快適にうごくとおもわれます。

参考サイト様
CentOS7 → CentOS8のインストール作業、めも


How To Install FFmpeg on CentOS 8 / RHEL 8


xfceデスクトップのインストールしたい時


以下参考画像
2020-01-07-14_54_53_1024x768_scrot.jpg
openboxウインドーマネージャーの画像
2020-01-07-150912_1024x768_scrot.jpg
gnomeデスクトップの画像
2020-01-07-170107_1024x768_scrot.jpg
languageの設定の画像
2020-01-07-16:55:49_1024x768_scrot.jpg
neofetchの画像
2020-01-07-14_56_22_1024x768_scrot.jpg
oblogoutの画像
2020-01-07-14_51_58_1024x768_scrot.jpg
ローカル路線バス乗り継ぎの旅 大阪城〜金沢・兼六園 web

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

fedora + oblogout [fedora系]

fedora + oblogout
あいもかわらずlinuxであそんでいます
・・・・ことしもよろしく。



今回のわたしのパソコン環境   os   fedora     openboxウインドーマネージャー
CPU: Intel i7 860 (8) @ 2.801GHz
GPU: NVIDIA GeForce GT 640 Rev. 2



Fedora-Server-netinst-x86_64-31-1.9.iso



今回のパソコンは、Intel i7 860 で11年前のパソコン。
usbメモリーに gnome-disks をつかい書き込み ssd にインストールした。
インストールの時にソフト選択で、xfceデスクトップを選択してインストールをすすめた。
この古いパソコンには、xfceデスクトップ選択するのが最適でしょう。ほかはだめでした。




まいプームのopenboxウインドーマネージャー。
oblogoutは、fedoraでうごくのでしょうか。
fedora31では、python2を排除してあるとかなんとかという記事もありました。
ちょっとハードルがたかそうです。


obmenu-generatorインストール
必要なアプリのインストール
dnf install gcc gcc-c++ kernel-devel nautilus-open-terminal perl-Glib perl-Pango perl-Data-Dump perl-Cairo perl-Gtk2 git perl-App-cpanminus

obmenu-generatorインストール参考サイト様


前回の私の記事も参照されたし



oblogoutのインストール
必要なアプリのインストール
dnf install unar python27 intltool python2-dbus python2-gtkextra python-imaging python2-distutils-extra

oblogoutインストール参考サイト様。


git clone https://github.com/Cloudef/oblogout-fork
cd /home/satou/oblogout-fork
sudo python2 /home/satou/oblogout-fork/setup.py install

oblogoutのサイト アイコンの準備

上記のサイトからarchlinux用ファイルをダウンロードしてアイコンを取り出す。
https://launchpad.net/oblogout/0.2/0.2.0/+download/oblogout-0.2-1-x86_64.pkg.tar.gz

unar /home/satou/ダウンロード/oblogout-0.2-1-x86_64.pkg.tar.gz
/home/satou/oblogout-0.2-1-x86_64.pkg/usr/share/themes
上記のフォルダを以下のように名前変更
/home/satou/.themes

テスト
oblogout

アイコン変更
nano /etc/oblogout.conf
24行目
buttontheme = foom
または
buttontheme = oxygen

oblogoutの使用
/home/satou/.config/obmenu-generator/schema.pl の編集
105行目
##{exit => ['Exit', 'application-exit']},
108行目
{item => ['oblogout', 'Exit', 'application-exit']},


oblogoutのインストールのときに必要なアプリをみつけるのが
ほねでしょう。無事 oblogout が起動できた。


scrotのインストール
fedora31では、scrot がインストールできません。
https://fedora.pkgs.org/30/fedora-x86_64/giblib-1.2.4-28.fc28.x86_64.rpm.html
上記をインストールすれば、可能。

以下参考画像。
2020-01-02-12:42:00_1024x768_scrot.jpg
openboxの画像

2020-01-02-12:42:16_1024x768_scrot.jpg
oxygenのアイコンの画像
2020-01-02-12:42:48_1024x768_scrot.jpg
駐在刑事

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

ubuntu 19.10 mini.iso [ubuntu,debian系]

ubuntu 19.10 mini.iso
あいもかわらずlinuxであそんでいます
来年もよろしく


今回の私のパソコン環境  os  ubuntu    openboxウインドーマネードャー
CPU: Intel i7-7700K (8) @ 4.500GHz
GPU: NVIDIA GeForce GT 730


ubuntu 19.10 mini.iso



usbメモリーに、gnome-disks をつかいssdにインストールした。
mini.isoをusbメモリーから起動して、ソフト選択のとき以下を選択した。
ubuntu minimal desktop default language




ubuntu minimal desktop default languageは、
gnome(ubuntu)のデスクトップになっていた。
ibus-mozcで日本語入力はすぐできるでしょう。
しかしその他は、なにもアプリが入ってなかった。端末さえも入ってなかった。

こんかいは、obmenu-generator と oblogout のインストールの詳細を記したいとおもう。
今回の私のパソコンはあたらしめパソコンですが、インストール後に起動しても
真っ黒画面がでてくるぱかりでした。・・・・そのまま続けます。ctrl+alt+2
login: 画面を出します。




$ と# の記号は省略しています。以下作業記録。

apt install nvidia-driver-390
sudo passwd
apt install lxterminal pcmanfm mousepad firefox fonts-ipafont fonts-nanum
ibus-setup
nano /etc/sudoers
satou    ALL=(ALL:ALL) ALL
apt remove fcitx-mozc fcitx*

openboxのインストール
apt-get install build-essential checkinstall intltool libgtk2.0-dev
apt install openbox tint2 feh neofetch scrot adwaita-icon-theme-full
cp -r /etc/xdg/openbox ~/.config/openbox


obmenu-generatorのインストール
http://sparkylinux.org/wiki/doku.php/obmenu_generator

必要なアプリをインストール
apt install cpanminus git libgtk2-perl
git clone git://github.com/trizen/obmenu-generator
sudo cp obmenu-generator/obmenu-generator /usr/bin
mkdir ~/.config/obmenu-generator
cp -r obmenu-generator/schema.pl ~/.config/obmenu-generator/
sudo cpanm Linux::DesktopFiles
sudo cpanm Data::Dump
sudo chmod +x /usr/bin/obmenu-generator
obmenu-generator -s -i

oblogoutのサイト アイコンの準備

上記のサイトからarchlinux用ファイルをダウンロードしてアイコンを取り出す。
https://launchpad.net/oblogout/0.2/0.2.0/+download/oblogout-0.2-1-x86_64.pkg.tar.gz


必要なアプリをインストール
apt install unar python-imaging-tk python-pip python-gtk2 python-distutils-extra
unar /home/satou/ダウンロード/oblogout-0.2-1-x86_64.pkg.tar.gz
/home/satou/oblogout-0.2-1-x86_64.pkg/usr/share/themes
上記のフォルダを以下のように名前変更
/home/satou/.themes

oblogoutのインストール
git clone https://github.com/Cloudef/oblogout-fork
cd /home/satou/oblogout-fork
sudo ./setup.py install

テスト
oblogout

アイコン変更
nano /etc/oblogout.conf
24行目
buttontheme = foom
または
buttontheme = oxygen

oblogoutの使用
/home/satou/.config/obmenu-generator/schema.pl の編集
105行目
##{exit => ['Exit', 'application-exit']},
108行目
{item => ['oblogout', 'Exit', 'application-exit']},



tint2の変更箇所
nano /home/satou/.config/tint2/tint2rc 編集
90行目
taskbar_mode = multi_desktop
111行目
task_text = 0
152〜155行目 適宜
160行目
time2_format = %A %B%d日


ちょっとインストール。
apt install mirage vlc ubuntu-restricted-extras alsa-utils pavucontrol

DeaDBeeFのインストール
DeaDBeeF 1.8.2 universal deb package amd64


dpkg -i /home/satou/ダウンロード/deadbeef-static_1.8.2-1_amd64.deb
apt install -f




oblogoutは、あるのを知っていた。しかしubuntu では動かせなかった。
なので lxsession-logout などを使用していた。


以下参考画像
2019-12-31-122523_1024x768_scrot.jpg
openboxの画像
2019-12-31-12:23:27_1024x768_scrot.jpg
neofetchの画像
2019-12-31-12:31:35_1024x768_scrot.jpg
foomのアイコンときの画像
2019-12-31-12:33:28_1024x768_scrot.jpg
oxygenのアイコンのときの画像
2019-12-31-12:41:58_1024x768_scrot.jpg
チャングム

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

audiophile linux v5 2019 [arch系]

audiophile linux v5
あいもかわらずlinuxであそんでいます。


今回のわたしのパソコン環境  os   audiophile linux  fluxboxウインドーマネージャー
CPU: Intel i7-4770K (8) @ 4.000GHz
GPU: NVIDIA GeForce GTS 250



usbメモリーに、gnome-disks を使い書き込みssdのパーティションにインストールした。


AP-Linux-V.5.0.1-x86_64.iso






audiophile linux v5は、 待望のos の更新でしょう
外見もほぼ一緒ですが、それぞれのアプリは最新になっています。



インストール方法は、audiophile linux v4とほぼ一緒です。
わたしの前回の記事参照されたし


インストールのとき、一箇所ひっかかりました。途中以下のようにしてから
grubのアップデートをする。
mkdir /boot/grub  
grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg 







インストール終了後、nvidiaドライバーのぱそこんは、grubメニューで nomodeset 記入してから起動した。

最初にpacman が動くようにする

nano /etc/sudoers
pacman-key --init
pacman-key --populate archlinux
pacman -Sy
pacman -S archlinux-keyring



yayを使い、nvidia-340xx をインストール。
pacman -S git base base-devel
pacman -S pcmanfm lxterminal


fluxboxのメニューをちょっと編集。
/home/satou/.fluxbox/menu
[begin] (Audiophile Linux)
[exec] (Play music) {cantata}
[exec] (File Manager) {pcmanfm}
[exec] (lxterminal) {lxterminal}
[exec] (Firefox) {firefox}
----------
----------

git clone https://aur.archlinux.org/yay.git
cd yay
makepkg -si

yay nvidia-340xx
1


再起動。




日本語化。
pacman -S fcitx-im fcitx-configtool fcitx-mozc neofetch scrot volumeicon otf-ipafont


nano /etc/profile  追記

export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=”@im=fcitx”


nano /etc/locale.gen
ja_JP.UTF-8

locale-gen

nano /etc/locale.conf
LANG=ja_JP.UTF-8
LC_ADDRESS=ja_JP.UTF-8
LC_IDENTIFICATION=ja_JP.UTF-8
LC_MEASUREMENT=ja_JP.UTF-8
LC_MONETARY=ja_JP.UTF-8
LC_NAME=ja_JP.UTF-8
LC_NUMERIC=ja_JP.UTF-8
LC_PAPER=ja_JP.UTF-8
LC_TELEPHONE=ja_JP.UTF-8
LC_TIME=ja_JP.UTF-8


壁紙の変更ほか。
/home/satou/.fluxbox/startup
/usr/bin/fbsetbg -a /home/satou/Pictures/arcolinux/ajisai-0005.jpg&
setxkbmap -layout jp&
volumeicon&
fcitx -d &



conkyのフォントの変更。
/home/satou/.conkyrc
xftfont ipag:size=12


fluxboxのメニュー自動作成。
yay xdgmenumaker

xdgmenumaker -n -i -f fluxbox > ~/.fluxbox/xdg_menu

nano /home/satou/.fluxbox/menu  追記。
[include] (~/.fluxbox/xdg_menu)
[exec] (Update Fluxbox Menu) {xdgmenumaker -n -i -f fluxbox > ~/.fluxbox/xdg_menu}



fluxboxのショットカットキーの設定。
nano /home/satou/.fluxbox/keys   追記

Prior :PrevWindow N
Next :NextWindow N
Mod1 F4 :Close
Print :Exec scrot '%Y-%m-%d-%T_$wx$h_scrot.jpg' -e 'mv $f /home/satou/Pictures'
Mod4 Shift F11 :Exec firefox
Mod4 Shift F12 :Exec pcmanfm
Mod4 Return :Exec lxterminal
Mod4 Shift e :Exit Session

fluxbox themeの変更  web上から。
/home/satou/.fluxbox/stylesのなかにテキストファイルとして保存して使用する。
159464-gentoo_milk_v.0.5.tar.gz


mpdは、alsaでうごく。firefoxは、pulseaudioでうごく。
よってボリュームコントロールをその都度しなくては・・・・・・汗。


archのアプリはすべて使えるでしょう。
しかし、audiophile linuxの作成者は苦労してアプリを増やさないようにしていると思われる。

むやみにアプリをインストールするのは控えたい。
音質について、わたしの駄耳では判断しかねる。

usb DACなども簡単に使えるように設定されているでしょう。


以下参考画像
2019-12-25-12:11:16_1024x768_scrot.jpg
neofetchの画像
2019-12-25-09:58:18_1024x768_scrot.jpg
cantataの画像

2019-12-25-12:16:34_1024x768_scrot.jpg
fluxboxメニューの画像
2019-12-25-12:10:09_1024x768_scrot.jpg
チャングム

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

kaos linux 2019 [arch系]

あいもかわらずlinuxであそんでいます。
今回のわたしのパソコン環境      os      kaos linux     kde 
CPU: Intel i7 860 (8) @ 2.801GHz
GPU: NVIDIA GeForce GT 240
kaos linuxは、 arch系linuxです。
usbメモリーに、gnome-disks を使い書き込みssdのパーティションにインストールした。
usbメモリーの起動で、nvidiaドライバー使用のパソコンは bootメニュウで以下のように編集すると起動する。
boot option -------xdriver=yes nouveau.modeset=0 i915.modeset=0 radeon.modeset=0 nonfree=no nomodeset
その後のインストールはむずかしくない。




最初にnvidiaドライバーをyay を使って入れる。


git clone https://aur.archlinux.org/yay.git
cd yay
makepkg -si

yay neofetch
yay nvidia-340xx
2

reboot
再起動してからアップデート。
pacman -Syu

日本語化
pacman -S fcitx fcitx-gtk2 fcitx-gtk3 fcitx-mozc kcm-fcitx



nano /etc/profile

export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=@im=fcitx


kdeの設定で・・・・
regional settings
ja_JP

nano /etc/locale.gen
ja_JP.UTF-8
locale-gen

nano /etc/locale.conf
LANG=ja_JP.UTF-8
LC_ADDRESS=ja_JP.UTF-8
LC_IDENTIFICATION=ja_JP.UTF-8
LC_MEASUREMENT=ja_JP.UTF-8
LC_MONETARY=ja_JP.UTF-8
LC_NAME=ja_JP.UTF-8
LC_NUMERIC=ja_JP.UTF-8
LC_PAPER=ja_JP.UTF-8
LC_TELEPHONE=ja_JP.UTF-8
LC_TIME=ja_JP.UTF-8
fcitxをインストールしただけでは、日本語入力できません。
以下のファイルを新規作成。
nano /usr/lib/gtk-3.0/3.0.0/immodules.cache
"/usr/lib/gtk-3.0/3.0.0/immodules/im-fcitx.so"
"fcitx" "Fcitx (Flexible Input Method Framework)" "fcitx" "/usr/share/locale" "ja:ko:zh:*"

yay otf-takao
yay ttf-nanum

pacman -S firefox
しあげてみれば、軽くて軽快なos でしょう。
その後マイブームのopenbox をいれた。
pacman -S gtk2-perl がはいらなくて苦労した。
ご本家arch linux のほうが制約がなくむしろ容易でしょう。
2019-12-22-15:34:21_1024x768_scrot.jpg
neofetch 画像
2019-12-22-16:02:30_1024x768_scrot.jpg
2019-12-22-16:16:28_1024x768_scrot.jpg
2019-12-22-16:23:52_1024x768_scrot.jpg
みおつくし料理帳 後編   miomio

タグ:kaos linux 2019
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

funtoo Linux 1.4 2019 [その他linux,パソコン・物欲]

funtoo Linux 1.4    2019
お仕事の方はごくろうさまです。
あいもかわらずlinuxであそんでいます。



今回の私のパソコン環境                os  funtoo linux     openboxウインドーマネージャー
CPU: Intel i7-4790K (8) @ 4.40
GPU: NVIDIA GeForce GT 710



こんかい使用したもの 月一で更新されているようです。
tage3-intel64-haswell-1.4-release-std-2019-11-26.tar.xz


funtoo linux 素人はあまり手を出さないでしょう。
もうだめかもというくらい失敗しています。


パーティションは、このパソコンに入っているほかのosで準備した
sda1 700Mb    sda7 50Gb


funtooのサイトのとおりやってみた。 インストール作業は、
このパソコンにはいっている bunselabs linux の端末を使用した。


このパソコンの nano /etc/portage/make.conf  現在の内容。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
FEATURES="-pid-sandbox -network-sandbox -sandbox -usersandbox -ipc-sandbox -selinux -sesandbox"
CFLAGS="-march=haswell -O2 -pipe"
CXXFLAGS="-march=haswell -O2 -pipe"
INPUT_DEVICES="evdev"
VIDEO_CARDS="nouveau"
MAKEOPTS="-j8"
ACCEPT_LICENSE="*"
ABI_X86="32*"
CHOST="x86_64-pc-linux-gnu"
CPU_FLAGS_X86="aes avx avx2 fma3 mmx mmxext popcnt sse sse2 sse3 sse4_1 sse4_2 ssse3"
LINGUAS="ja en"
L10N="ja"


#USE="-pygtk -debug crypt libav multislot bindist X plugins alsa -kde -qt4 -qt5 ldap dbus canna unicode"
#USE="X cups doc -debug -vala -elogind -afp -archive -fuse -gnome-keyring -gnome-online-accounts -google -gphoto2 -nfs -policykit -samba -systemd -test -udisks"
#USE="dbus bluray cdda -elogind http ios mtp sftp udev zeroconf -afp -archive -fuse -gnome-keyring -gnome-online-accounts -google -gphoto2 -nfs -policykit -samba -systemd -test -udisks"
#USE="introspection automount -udisks gtk examples test crypt -elogind vala -bidi -debug -glade -doc"
#USE="X bzip2 cxx jpeg jpeg2k openmp png svg test tiff truetype webp wmf xml zlib -corefonts -djvu -fftw -fontconfig -fpx -graphviz -hdri -heif -jbig -lcms -lqr -lzma -opencl -openexr -pango -perl -postscript -q32 -q8 -raw -static-libs"
#USE="X -samba -doc -gssapi -vala introspection"
#USE="-python"
#USE="-qt5 -gtk -native-headset -ofono-headset -oss pulseaudio"
#USE="aqua wayland -X bluetooth -zeroconf alsa-plugin -systemd -test"
#USE="alsa-plugin asyncns bluetooth caps gdbm glib ipv6 jack orc ssl tcpd udev webrtc-aec -X -abi_riscv_lp64 -abi_riscv_lp64d -alsa dbus -doc -elogind -equalizer -gconf -gtk -libressl -libsamplerate -lirc -native-headset -ofono-headset (-oss) -qt5 -realtime (-selinux) -sox (-system-wide) -systemd -test -zeroconf"
#USE="X aqua"
USE="-examples -static-libs"
USE="multislot mmx sse pulseaudio alsa dbus"

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


作業記録 ルート # 記号省略ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


mkdir /mnt/funtoo
mount /dev/sda7 /mnt/funtoo
mkdir /mnt/funtoo/boot
mount /dev/sda1 /mnt/funtoo/boot


cd /mnt/funtoo
tar --numeric-owner -xpf /home/satou/Documents/funtoo/lxd-intel64-haswell-1.4-release-std-2019-11-26.tar.xz

cd /mnt/funtoo
mount -t proc none proc
mount --rbind /sys sys
mount --rbind /dev dev

cp /etc/resolv.conf /mnt/funtoo/etc/

chroot /mnt/funtoo /bin/bash 
env-update
source /etc/profile
export PS1="(chroot) $PS1"


これよりchroot # 記号省略ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



nano -w /etc/fstab

/dev/sda1               /boot           ext2        noauto,noatime    1 2
UUID=4e543f89-6cdc-4147-8cc4-c24f3cf92705     /     ext4   noatime        0 1
/dev/sda5               none            swap            sw              0 0

ln -sf /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyou /etc/localtime

nano /etc/portage/make.conf

nano -w /etc/locale.gen
locale-gen
eselect locale list
eselect locale set 4
ego sync
emerge -auDN @world


epro list
epro flavor desktop
epro mix-ins lxde media-pro
nano /etc/env.d/02locale
env-update && source /etc/profile
nano /etc/portage/make.conf

emerge -s debian-sources-lts
emerge -av linux-firmware
echo "sys-kernel/debian-sources-lts binary" > /etc/portage/package.use



emerge -av grub
emerge intel-microcode iucode_tool
grub-install --target=i386-pc --no-floppy /dev/sda
ego boot update

grubの失敗するときは、nano -w /etc/fstab の記入が間違っているとおもわれる。

ls /sys/class/net
eno3s0 lo tunl0

cd /etc/init.d
ln -s net.lo net.eno3s0
rc-update add net.eno3s0 default

rc-update add dhcpcd default
passwd
useradd -m -G audio,video,cdrom,wheel,users satou
passwd satou
emerge sudo


exit
cd /mnt
umount -lR funtoo
reboot






再起動のあと、デスクトップ化

emerge xorg-server
emerge twm xterm
ほんとならこれで startx すると twm が起動するはずがだめでした。
以下をインストールして起動できた。

fatal server error : no screens found - Gentoo Forums :: View topic



emerge xf86-video-vesa xf86-video-intel xf86-input-keyboard xf86-input-mouse

 

あとは、必要なものをコツコツと入れてゆく。
emerge openbox leafpad pcmanfm lxterminal tint2 feh sudo setxkbmap mirage vlc pulseaudio firefox pavucontrol alsa-utils  

インストールは以下のようにして、入れてゆく
emerge lxterminal pcmanfm --autounmask-write
etc-update
-5
nano /etc/portage/make.conf



obmenu-genaraterのインストール
emerge Gtk2 obmenu-genarater
$ obmenu-generator -s -i


lightdmのインストール
emerge xdm lightdm elogind consolekit

nano /etc/conf.d/xdm
rc-update add xdm default

rc-update add dbus default
/etc/init.d/dbus start

日本語入力は emerge scim-anthy でおこなっている。
nano /home/satou/.xinitrc  新規作成
setxkbmap jp
exec ck-launch-session dbus-launch openbox-session

/etc/profile 追記
if [ -x /usr/bin/scim ] && echo $LANG| grep -qi '.utf'; then
export XMODIFIERS='@im=SCIM'
export GTK_IM_MODULE='scim'
export QT_IM_MODULE='scim'
export LC_CTYPE=$LANG
[ -x /usr/bin/scim-bridge ] && export GTK_IM_MODULE='scim-bridge'
ls /tmp/scim-helper-manager-socket* &>/dev/null || /usr/bin/scim -d
fi
nano /usr/lib/gtk-2.0/2.10.0/immodules.cache  を編集した。
このファイルの最初の付近に以下を記入する。
"/usr/lib64/gtk-2.0/2.10.0/immodules/im-scim.so"
"scim" "SCIM Input Method" "scim" "/usr/share/locale" "ja:ko:zh:en"
/usr/lib/gtk-3.0/3.0.0/immodules.cache       を編集
"/usr/lib64/gtk-3.0/3.0.0/immodules/im-scim.so"
"scim" "SCIM Input Method" "scim" "/usr/share/locale" "ja:ko:zh:en"
nvidiaのドライバー
ほとんどの不具合をなくしてから一番最後にいれた。
以下で最新がはいる。

emerge nvidia-drivers


2018年にいれたfuntoo linux をちょっとの更新のつもりが
大作業になってしまった。
Funtoo Linux 1.3 から  Funtoo Linux 1.4 になった。
gentoo 2018
gentoo 2017


funtoo linux 1.4  まだまだ快適にうごくosでしょう。

以下参考画像
2019-12-09-19:24:11_1024x768_scrot.jpg
openbox 画像
2019-12-09-18:54:44_1024x768_scrot.jpg
neofetch 画像
2019-12-09-19:19:42_1024x768_scrot.jpg
下書き中
2019-12-09-18:53:50_1024x768_scrot.jpg
オクニョ   miomio

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
前の10件 | -